『イノセント・デイズ/早見 和真』を読みました。

3642.jpg
早見 和真著の『イノセント・デイズ』を読みました。
後から知りましたが、今年の3月にはWOWOWでドラマ化されているので、けっこう有名な作品なんでしょうか。

刑の執行を静かに待つ、女性死刑囚の長くて暗くて重い物語。
彼女の生い立ちを周りの人の視点から語る構成は良かったけど、あまり起伏がない話が長く続くので、中盤はだれてしまった。
もう少し短くして、そしてミステリー小説ではないです。


あのような結末にする作品はあまり無いと思うので、多くの読者の記憶に残るかもしれないですね。
読者には救いがないけど、彼女自身は救われたかもしれないな と感じてしまう虚しさが残る物語でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する