被害者は誰?/貫井 徳郎

3189.jpg3190.jpg
被害者は誰?』を読みました。
貫井作品は過去に『慟哭』を読んだ事があり、本作は2作目となります。




本作は以下の四編からなる短編集で、どれも「誰か殺された→犯人を推理する」といった王道路線は行かず、タイトルでもわかる通り被害者や目撃者に焦点を当ててる所が面白かったです。
順位をつけるとこんな感じ。

名探偵は誰?>被害者は誰?>探偵は誰?>目撃者は誰?

どれも騙されてまぁまぁ面白かったし、軽い内容なのでサクサク読めていいです。


先輩の作家と後輩の刑事のやりとりが笑えてよかった、以前読んだ『謎解きはディナーのあとで』の雰囲気に結構似てるかなと思う。


『慟哭』では、めっちゃ暗い負のオーラ全開の作品だったと記憶してますが、本作のようなコメディタッチ風の作品も書くんですね。
そのギャップが1番の驚きでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する