日の名残り/カズオ・イシグロ

3052.jpg3053.jpg
ブッカー賞とは

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ作品を読んでみました。

率直な感想は、どこを楽しめばいいのかわかりませんでした。
文学って難しい。

起伏がない淡々とした文がずっと続くせいか、読んでると意識がボーとしてくるし、頭が内容についていけなくて疲れました。
あの執事口調も読みづらかったな。

終盤の過去を振り返るな、夕方が1日で1番いい時間などの前向きになれる会話はよかったけど、全体の良さや感動するポイントがわからなかった。
わたくしの教養が足りてないんだと思う。


いつか今以上の教養が身についたら、再読するかも。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する