「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ドクター・ストレンジ」「無限の住人」をレンタルした

久しぶりに映画を観たくなったので4本レンタルしてきました。
上から面白かった順に並べるとこんな感じ。


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

3039.jpg


スター・ウォーズのスピンオフで、あまり期待してなかったけど、希望を繋ぐ物語ですごく面白かった。
本作はエピソード3と4の間に入る物語で、デス・スターの設計図を帝国軍から盗む過程が描かれています。

空中戦も地上戦も攻防が熱いし、データ送信したいけどシールドが邪魔だわー的な展開もSWらしくて良いです。
切ないラストでグッとくるし、ダース・ベイダー無双もあり見所満載で満足。

残念だったのはマスタースイッチをいれるシーンですかね。
重要な装置なのに地面にむき出しのままポツンと置かれていて、そしていかにもスイッチって感じの形をしていたので、シリアスな場面だったけどなんか失笑してしまった。

冒頭はいつものオープニングが来るーと思っていたので肩透かしを食らいましたが、アレはアレでよかったと思う。
真意はわかりませんが、スピンオフって事で本家との線引きを強調したかったのかな。

本家を食べてしまうような良作だったので、次作のスピンオフも期待しちゃいます。
12月公開のエピソード8は映画館で観よ。



ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-04-19)
売り上げランキング: 650

本作はハリーポッターから70年前の物語でスピンオフの1作目。
原作者のJ. K.ローリングが脚本を担当してるみたい。
原作7巻と映画を観ているファン(にわかですが)ですので気になっておりました。

感想は5点満点なら3点ぐらいでしょうか。
序盤~中盤は、逃げた魔法動物をただ捕まえるだけの展開でしたが、普通に楽しめました。
トランクの中の魔法動物が住む世界が幻想的でよかったし、ラストの接吻→開店までの脚本と演出はセンスを感じます。

気になった点は養子家族とオブスキュラスのくだりが、初見だとわかりづらいかな。
よくわからない内に暴れだして、うぁーパニックって感じで少しついていけなかった。

謎を残しながら終っているので、2018年公開の2作目も気になりますね。
全5作で完結する長いスピンオフ・・・ハリポタシリーズはドル箱ですなー。



ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ (字幕版)
(2017-05-03)
売り上げランキング: 18,021

アイアンマンなどで有名なマーベルのヒーローものです。
主演のベネディクト・カンバーバッチが好きなので気になってました。

ストーリーより映像技術のすごさを楽しむ映画だと思う。
ビル群がぐちゃ~と曲がったり、上下左右が回転しながらの戦いは観てて楽しかった。
話の内容は薄いというか、よくある話なのでわかりやすい。
ただ魔法でなんでもありな感じはしたけど、ヒーローものなんで別にいいのかな。

ラストは倒すよりも、変わった方法で解決するところが、従来のヒーローと一味違っていてよかったです。
ちょくちょく笑いをいれてくるんですが、Wi-Fiのパスはうけましたよ。



無限の住人

無限の住人 [DVD]
無限の住人 [DVD]
posted with amazlet at 17.11.21
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-11-08)
売り上げランキング: 216

予告編が面白そうだったので映画館に行くか、レンタルにするか迷いましたが、レンタルまで我慢することに。
感想は映画館で観なくて正解でした(笑)

まず140分は長過ぎでしょ、スローテンポと尺の長さで飽きてしまった。
原作は未読ですが、原作の内容を色々詰め込み過ぎてゴチャゴチャになり長くなった感じでしょうか。
不要なキャラやシーンを削って2時間以内にまとめてほしかった。

チャンバラアクションはよかったけど、キムタクが痛みに耐えながらの殺陣が長く続くので単調だったかな。
本作で1番よかったのは主題歌でしたね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する