ユージニア/恩田 陸

3011.jpg

ユージニア」を読了しました。
初の恩田 陸作品でしたが、よくわからない内容で謎や結末に関しては、読者の方で勝手に想像してねーって感じの本作。


事件の関係者を各章ごとに登場させ、インタビュー方式で当時を振り返りながら少しずつ事件の真相が見えてくる構成は、とてもよかったけど、結末がモヤモヤ過ぎて好きになれなかった。

著者も白か黒かではなくグレーな内容にしたかったらしいので、全ての謎を回収しつつ、犯人わかってスッキリしたい人には不向きかもしれません。
けっこう謎を残したまま終わるので消化不良になりますよ。
ユージニアの名前の由来もクサくてイマイチだったし。


あと印象に残ったのは、全体を通して読みづらかったなー。
詩的な文章っていうのかな?多くの文章が回りくどい言い回しで表現されていて、そのせいで余計な長文が多くなり、読んでてとても疲れた。
回りくどい表現が本作の特徴でもあり、良さの1つかもしれませんが、私はあっさりとした読みやすい文章が好きですね。


恩田陸作品は暫くはいいかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する