イニシエーション・ラブ/乾くるみ

3009.jpg3010.jpg

少し前に「葉桜の季節に君を想うということ」という作品を読みました。
読了後に見たレビューサイトで「イニシエーション・ラブに似てる」といった感想を多く見かけたので、読んでみたいと思い購入。


ラスト2行に辿り着くまでは少し苦痛でしたが、普通に騙されて面白かった。
1つ目の騙しはすぐに気付きましたが、これだけではないだろうと思い、ネタバレサイトを見ると2つ目があったんですね。
2つ目は全く気付けなかった(笑)
ネタバレを読んでようやく、おぉーなるほどーそーゆーことかーとやっと全容を理解できました。
ネタがわかると色々な伏線も楽しめるし、全く違った視点になるところがうまくできています。
2度読みはしてないけど、2回読みたくなる気持ちはわかるかも。


濡れ場あり、騙しありの本作は読んで損はないと思う。
ミステリーとはちょっと違うかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する