快晴の雨飾山[雨飾高原キャンプ場からピストン]

9月10日、雨飾山に登ってきました。

9月9日の19時頃に千葉を出発。
こちらのサイトに載っているマップコードをカーナビに入力し、雨飾高原キャンプ場に24時頃到着。
休憩入れて5時間程かかった、やっぱ遠いね、そして車中泊で仮眠。。。



2886.jpg
明けて9月10日の6時頃の駐車場は、こんな感じ。
さすが日曜の晴れ予報の百名山は混みますね。





2887.jpg
案内図(クリックで拡大)
登山口は駐車場のすぐ奥にあります。

[雨飾高原キャンプ場からピストン]
6:05 登山口
8:30 笹平
9:10-09:50 山頂
11:00-11:20 荒菅沢
12:30 登山口

歩行時間:6時間25分(休憩時間1時間含む)





2888.jpg
6:05 登山を開始して木道やブナの木々をテクテク歩くと、布団菱の岩稜が見てきます。
どれが布団菱なのかわかりません、もしかしたらあの岩稜を総じて布団菱なのか。
布団菱って何なのか・・・よくわかっておりません。
まぁー快晴なので細かい事はいいでしょう。





2889.jpg
7:20 荒菅沢に着。





2890.jpg
そこそこの流れがあったので、渡渉する時はちょっと緊張しちゃいました。





2891.jpg
荒菅沢から望む布団菱。





2892.jpg
布団菱よりも大事な事がある。
それは渡渉してからの登山道が、わりづらかった事です。
渡渉後は、↑の登山道から登るんですが、ここが草で隠れていて見つけにくい。





2893.jpg
荒菅沢を見下ろせるポイントがあり、下山時に撮影した写真。
登りは写真向かって左から右へ渡渉してから、矢印の登山道に入るのですが、その入口がわからなかったです。
荒菅沢では先行者がいたので、たまたま気付く事ができましたが、誰もいなかったら沢の上の方へ行っていたかも。
地図を見ると確かに沢を横切るルートになってますが、私のように下調べが甘いと気付けない可能性もあるので、初めての方はご注意を。





2895.jpg
沢を渡った後は青空に向かってヒィーヒィー言いながら、急登を必死に登る。





2896.jpg
矢印の場所が駐車場です、山頂には近づいているけど帰りが遠くて大変だなと思いながら登ってました。





2897.jpg
8:30 笹平に到着。
もう疲れていたので、山頂まで40分の標識にうんざりしてた。





2898.jpg
笹平から望む山頂。
青空のピークに向かって笹平を歩いている時が、1番気持ちよかったです。





2900.jpg
9:10 快晴の雨飾山山頂に到着。
急登続きで疲れました。
標柱に巻かれたピンクテープの真横の山が焼山でその奥が火打山らしいです。





2899.jpg
南峰から北峰を望む。
山頂は双耳峰となっており、標柱がある方が南峰で石祠や石仏がある方が北峰です。





2901.jpg
北峰から南峰を望む。
標柱の前で喜び爆発ポーズをしてますね。





2902.jpg
こっちは白馬岳方面、雲がかかってて残念。
来年あたり雪渓を歩いて登りたい。





2903.jpg
名前は調べてませんが、ゴツゴツした険しい山容が印象的な山々。





2894.jpg
糸魚川市の田んぼと日本海と雲と山がミックスされた風景。
山頂から日本海を見たのは初めてなので嬉しかった。





2904.jpg
そして歩いてきた笹平。
笹平の登山道が少女の横顔に見えるとか・・・言われてみれば見えるような。



山頂で40分程まったりしたら下山開始。
途中で大所帯のツアー客と遭遇しました、その数なんと38名(爆
ガイドらしき方に「多いですね」と会話したら「38名いる」と教えてくれました(笑)

しかもすれ違う場所が、木の梯子が設置してある1人しか通過できない場所だったのでホント困りました。
きりのいい所で登る行列を止めてくれて、私を含む下山者を優先してくれましたが、それでも10分以上は待ったかなー。

私も最初の富士登山はツアーだったので、ツアーを批判するつもりはありませんが、でもいくら何でも多過ぎでしょ。

狭い道では他の登山者も待ちぼうけをしたと思いますので、もう少し参加人数を考えてもらいたいです。
どこの会社だったんだろ。





2906.jpg
12:30 ひたすら下って駐車場へ帰還。
ザックを車に置いたら、アレを買うためにキャンプ場受付の建物に入ります。





2907.jpg
長くしんどかった下山中はずっと炭酸を飲む事しか考えてなかった。
三ツ矢サイダー(200円)をグビグビ飲んで生き返る。
登山後の炭酸は何かを超越した美味さがある。





2908.jpg
三ツ矢サイダーを飲みながら、雨飾山を振り返る。
勝手に楽なイメージを持っていたが、これが大間違いでアップダウンがあり、急な上りが続くのでしんどかった。
特に急な下りが続くと神経を使うので、余計疲れましたよ。


いつの間にか雲が多くなっていた。
この後は翌日の焼岳登山の為、長野県の松本市内へ移動。





盛よしで夕食

ビジネスホテルの方に、周辺でお薦めのお店を聞いたら「盛よし」を薦められたので行ってきました。
ここはボリュームがあり、地元では有名な洋食レストランです。
人気店らしく、17時30分の開店と同時に満席になってました。

2909.jpg
コンビメニューのカニコロッケとハンバーグ定食(1400円)を注文。
洋食メニューに於いて、この2品は私にとっての2大巨頭であります。

ハンバーグもカニコロッケも美味かったー、下山後は何も食べてなかったので丁度いいボリュームで腹いっぱい。
ごちそうさまでした。



翌日の焼岳登山に続く。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する