2017夏 百名山を巡るドライブ①~初日は美ヶ原を散策~

2017年8月27日~30日にかけて百名山4座を巡るこんなドライブ計画を立ててお出かけしました。
27日は美ヶ原
28日は乗鞍岳
29日は焼岳
30日は木曽駒ケ岳


がしかし、実際はこんな結果になり、不完全燃焼のまま帰宅(´・_・`)
27日の美ヶ原→登頂した。
28日の乗鞍岳→登頂した。
29日の焼岳→雨で撤退、木曽駒ケ岳も天気予報がイマイチだった為、中止にして帰宅。


予定通りに行かず、グダグダになったドライブでしたが、記事を書いていこうと思います。

まずは8月27日朝8時頃に長野県の美ヶ原へ向けて千葉を出発。
当初は最高地点である王ヶ頭に1番近い駐車場へ向かおうと、美ヶ原自然保護センターの郵便番号(〒390-0222 )をナビにセットします、しかしこれが大失敗で目的地に全然到着してないのに、ナビからは「目的地周辺です。。。」と無慈悲のアナウンスが聞こえてくるじゃないですか。
その後は案内標識に書かれた「美ヶ原」や「ビーナスライン」のキーワードを目印に車を走らせます。
その結果、目的地の反対側に位置する山本小屋駐車場へ無事到着できました(爆

なぜ辿り着けなかったのか、どこで道を間違えたのか、郵便番号の設定がまずかったのか、原因は多々あると思いますが、とりあえずスタート地点に辿り着けたので、まぁ良しとしましょう。
原因究明はとても大事な事ですが、メンドクサイので後回しにします。



[コースタイム]
14:00頃 山本小屋駐車場
14:45-15:05 王ヶ頭ホテル
16:00頃 山本小屋駐車場

歩行時間2時間(休憩時間20分含む)



2826_1.jpg
日曜日とあって第1駐車場は満車でしたが、空いてる駐車スペースにとめる事ができました。
まずは電波塔が見える王ヶ頭ホテルへ向かう。





2827_1.jpg
牧場となっており、のんびりとした時間が流れています。
牛は地元の農家から預かって放牧してると、NHK「にっぽん百名山」で紹介されておりました。





2829_1.jpg
のどかな砂利道を歩き、王ヶ頭ホテルに到着。
歩きやすい道なので、スニーカーでも大丈夫だと思います。





2830_1.jpg
王ヶ頭ホテル周辺の景色。
ガスで見えづらいけど、矢印の場所が駐車予定だった美ヶ原自然保護センターがある駐車場っぽいですね。
駐車場から王ヶ頭までは、そこそこ急な坂道を登るコースになってましたよ。





2831_1.jpg
案内図。





2832_1.jpg
14:45 王ヶ頭に到着。





2833_1.jpg
奥に見えるのが北アルプスの展望が良いとされる王ヶ鼻。
足を伸ばそうか迷いましたが、当日は雲が多かったのでパース。





2834_1.jpg
ソフトクリームを買いにホテルへ。





2835_1.jpg
正直に書きますと、美味しくなかった。





2836_1.jpg
標高2000mの高地に広がる雄大な草原は開放感があってええですわ。





2837_1.jpg
復路も牛を見ながらのんびりと戻ります。





2838_1.jpg
山頂に建つ電波塔はホテルを引き立てるオブジェのようにも見えるので、景観を損ねるような印象はなかったです。





2840_1.jpg
美ヶ原のシンボル、美しの塔を帰りに1枚。
途中まではいい天気だったけど、だんだんガスに包まれる。





2841_1.jpg
気になる点は送迎バスでしょうか。
日曜日は特に多いのか、頻繁に往来してました。
通過する度に砂埃が舞い、のんびりした雰囲気がぶち壊しになり残念でした。





[まとめ]
のどかな雰囲気に癒されました。
天気がよければアルプスの展望も加わるので、観光客が多いのも納得。
草原、雲、青空、牛と美ヶ原の見所を楽しめたので、結果的に山本小屋ふる里館から歩くコースでよかったなと前向きに考える。





2842_1.jpg
夕方に松本市内のビジネスホテルにチェックイン。
夜は若大将で長野県松本市のご当地グルメ山賊焼定食を食す。
美味しかったので残さず完食したけど、ラスト一切れがきつかった。
食べログを見ると創業50年になる老舗らしい。
ご夫婦でやっていて、とても感じがいいお店でした。





腹いっぱいになった後はホテルへ戻って就寝。
乗鞍岳に登った②へ続く
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する