草津白根山にて湯釜とコマクサの群生を楽しんできた。

7月19日に草津白根山へ登ってきました。
草津白根山とは湯釜がある白根山逢ノ峰本白根山を含む総称でもあるとwikipediaに書いてありました。

以前から行きたいと思ってましたが、2014年6月に噴火警戒レベルが1から2へ引き上がった為、湯釜が見れない状態になり足踏みをしてましたが、この度2017年6月に警戒レベルが2から1へ引き下がり観光が可能となりました。
レベル1の内に早めに行っとけーと思い、空いているであろう平日を狙って行ってきました。



[カーナビ設定]
5時に千葉を出発→少し道を間違え15分程ロスして、9時15分に草津白根レストハウスがある駐車場へ到着。
私はこちらのサイトを参考に白根火山駐車場のマップコードを入力しました。
または↓のレストハウスの住所でもいいと思います。
それにしても遠かったなー高速のICから距離があってなかなかアクセスが悪いですね。






【白根山の湯釜】
※全ての写真はクリックで拡大します。
2769.jpg
まずは今回のメインイベントでもある白根山の湯釜を観光。
行けるのは西側展望台のみとなります。いつか警報レベルが無くなったら間近で見たい。
09:25 駐車場をスタートし、整備された石畳を約10分登ると





2770.jpg
湯釜が視界に現れました!
当日は雲が多く見れるか不安でしたが、無事に見れて嬉しい。
警報レベル引き下げバンザーイ(屮゜Д゜)屮





2771.jpg
日が当たるとエメラルドグリーンがより神秘的に輝いて綺麗じゃん。
ホント魅力的な色をしてるので見てて飽きません、もっと間近で見たい。





2771_1.jpg
雲の陰が映る湖面もさっきまでとは違う表情を見せてくれていいですね。





2772.jpg
雲が多いですが、四阿山はなんとか見えました。





2773.jpg
09:45 駐車場へ戻ります。
この後は本白根山へ登りましたが、往路は駐車場から逢ノ峰を登り本白根山へ
復路は本白根山から逢ノ峰の脇を通る車道を歩き、弓池を散策して駐車場へ戻りました。





【逢ノ峰へ登る】
2774.jpg
逢ノ峰の登り口は駐車場から車道を挟んだ反対側にあります。
整備された木の階段を登っていくと





2775.jpg
10:15 逢ノ峰の頂に着。屋根付きの建物がある。





2776.jpg
建物から白根山を見るとこんな感じ。
矢印の場所が湯釜を見た西側展望台だと思う。





2777.jpg
山頂を通過し反対側へ下ると大好きなリフト乗り場が見えてきました。




【本白根山へ登る】
2777_1.jpg
リフト乗り場にあったガイドマップに今回歩いたコースを書いてみた。
ついでにコースタイムも載せておきます。

[コースタイム]
09:25 駐車場
09:35-09:45 湯釜展望台
09:55 駐車場
10:15 逢ノ峰
10:25 リフト乗り場(上り)
11:10-11:20 遊歩道最高地点
11:35-11:50 本白根山展望所
12:10 リフト乗り場(下り)
12:30 弓池
12:45 白根レストハウス

歩行時間:3時間20分(休憩35分含む)





2777_2.jpg
更に詳細なガイドマップも設置されていた。





2778.jpg
10:25 リフト乗り場(上り)
楽がしたいので迷わず往復チケットを購入。
往復だと750円
片道のみだと400円
文明の利器って素晴らしい。





2779.jpg
リフト終点は見晴台になってました。
手前が逢ノ峰、奥が白根山ですね。





2780.jpg
リフトを降りて暫く木道を歩くと





2781.jpg
展望が一気に開けます。
さっき貼ったガイドマップだと中央火口ビュースポットって所です。
正面に見えているのが、本白根山展望所。





2782_1.jpg

2784_1.jpg 2785_1.jpg
これが「高山植物の女王」と呼ばれているコマクサですか。
いたる所で咲き乱れているじゃありませんか。





2786.jpg
コマクサを撮りながらチンタラ歩き分岐路に到着。
まずは本白根山の遊歩道最高地点を目指します。





2787.jpg
どこにでも咲いていて人が少ないから、皆さん夢中で撮ってましたね。





2789.jpg
11:10 遊歩道最高地点に着。





2790.jpg
こちらが本当の山頂ですが、立ち入りは禁止。
積雪の時にだけピークを踏めるとか、そんな記事をどっかで読みました。





2791.jpg
遊歩道最高地点の後は矢印の本白根山展望所に向かう。





2792.jpg
11:35 本白根山展望所に到着。
ここは展望も良く、座れる岩も多いので休憩に適した場所です。





2793.jpg
15分休憩した後は坂道をまた登り、矢印の中央火口ビュースポットまで戻る。
周回コースも考えましたが、あまり見る所が無いとの情報があったのでピストンコースにしました。





2794.jpg
行きはコマクサに夢中で中央火口を撮り忘れていたので、帰りに1枚。





2795.jpg
中央火口ビュースポット辺りから見る展望所と遊歩道最高地点の位置関係はこんな感じ。
そこそこ歩くので私みたいに"リフト使えば余裕でしょう"と思ってる方は、少し疲れるかもしれません。
それにしても当日は雲が高く、迫力がありました。





2796.jpg
12:10 リフト乗り場に戻ってきた。
営業時間は9:00~16:00





2797.jpg
右の建物が山頂駅なんですね。
警報レベル2の時期は下からロープウェイで山頂駅まで来て、本白根山のみを登り帰るって感じだったのか。

帰りは逢ノ峰には登らず、脇の車道から弓池へ向かいます。
この選択が素敵な出会いのキッカケとなり大正解でした。





2798.jpg
リフトを降り、行きで買った往復券を係員に見せればOKです。
あとは帰るだけかーと思いながら、車道をテクテク歩き始めると





2799.jpg
(゚д゚)!!!
前から鳥らしき生物がいきなり現れテクテク歩いてきた。
ここは標高が高い山、しかも鳥類の姿をしている・・・もうあの鳥で間違いない





2800.jpg
ライチョウキタ━━━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!
しかも9羽の団体さん(笑)
人など全く気にかけず、悠然とマイペースに歩く姿が可愛かった。





2801.jpg
弓池からの引越しなのか、ただの散歩なのかはわりませんが、どうかお気をつけて。





【弓池を散策】
2802.jpg
12:30 ここの池はかつて火口だったようです。
先ほど遭遇した雷鳥の家族とは違う雷鳥が池を泳いでおりました。





2803.jpg
ここにも案内図。





2804.jpg
ワタスゲが咲いていて、白い玉が一面に広がっておりました。





2805.jpg
場所によっては、穏やかな水面に雲や山が映し出されとても絵になる風景でした。
弓池も湯釜とセットでぜひ観るべきスポットだと思います。





【白根レストハウス】
2807.jpg
2807_1.jpg
12:45 白根レストハウスに帰還。
お腹が空いていたので2Fの食堂へ移動。





2808.jpg
こんな感じになっているセルフのお水は初めて見ました。
喉が渇いていたので3杯ぐらい飲んじゃいましたよ。





2809.jpg
山菜そばを注文。値段は600円ぐらいだったかな。
店内がガラガラだったので、食券を渡してから3分以内で番号が呼ばれてわろた。
作るの早過ぎだろと突っ込みをいれたくなるほど早かった。
お味は普通、蕎麦の後はデザートの湯がまソフトを食べに1Fへ移動。





2810.jpg
2811.jpg
クマザサの味がして(食べた事ないけど)美味しかったですよ。
私の好きな味でした。
抹茶やよもぎの団子などが好きな人は気に入ると思う。

店内のお土産売り場でお土産を買って駐車場へ戻りました。
お土産はもちろん自分用です。





【感想】
湯釜、火口、コマクサ、弓池、雷鳥など見応えあるスポットがたくさんあり大満足の観光でした。
湯釜と本白根山をセットで観光された方が、草津白根山をより満喫できるので警報レベルが1の内に行っとけーって結論です。

当日は平日でスカスカでしたが、紅葉や連休になると駐車場の待ち時間が発生するらしいので早めの到着をお薦めします。
いいお山でしたので、多くの人が訪れるのも納得できる。





【車のアクセスと白糸の滝と情弱な私】
草津白根山には上信越自動車道の「碓氷軽井沢」から行くルートと関越道の「渋川伊香保」から行くルートがありますが、どちらがお得なんでしょうか。


カーナビは「碓氷軽井沢」からのルートを案内したのでその通り走行しましたが、高速以外の有料道路が三箇所もあり、お金がかかってかかってビックリしました。
[行き]
■白糸ハイランドウェイ(三笠→峰の茶屋):400円
■鬼押出し⇒三原:370円※
■三原⇒万座温泉:1050円

[帰り]
■白糸ハイランドウェイ(峰の茶屋→三笠):400円
■万座温泉⇒三原:1050円
※帰りは一部ナビの案内に逆らったので370円区間は回避できました。

有料道路だけで3270円もかかりました。
その他に往復の高速代、駐車場代500円、ガソリン代やリフト代も含めると2万弱の出費でした。


情弱な私はよく調べもせずに高速以外の有料道路は無いだろうと勝手に決め付け、有料道路の罠に嵌りました。
高速代は「渋川伊香保」の方が安いし、Google マップで確認した限りでは有料道路区間も無いし、距離もほとんど変わらないので「渋川伊香保」の方がお得な感じがする。

それか「碓氷軽井沢」で降りて、有料道路区間を避けて行くのがベストなのか。
まぁー曜日や時間帯によっては、有料道路の方が時間の節約になるので、結局どれが正解かわかりません。
これから行かれる方は自分で調べて下さいね(爆

平日の朝にも関わらず、有料道路を使い無駄な出費をしてしまった話でした。



そして帰りの白糸ハイランドウェイでは、400円のもとを少しでもとろうと、白糸の滝を観光したよ。
2812.jpg

2813.jpg
駐車場から150mと近く、水面がキラキラして綺麗でした。





という事でなんか長くなりましたが、草津白根山レポはおしまいです。

最後に一応書いておきますが、写真の鳥は雷鳥ではなくカルガモという鳥類です。
嘘を書いてごめんなさい。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する