2017GW百名山を巡るドライブ遠征⑤~近畿最高峰の八経ヶ岳に登った~

2017年のGWは百名山登山と観光をしてきました。
計画編の記事はこちら
①の恵那山記事はこちら
②の伊吹山記事はこちら
③の彦根城記事はこちら
④の奈良公園記事はこちら



5月2日午前は大峰山(八経ヶ岳)に登る為、奈良県橿原市のビジネスホテルを4時にチッェクアウトし、50km先の行者環トンネル西口駐車場を目指す。
近くのコンビニで朝昼食を買ってから、こちらのサイトに書いてるマップコードをカーナビに入力して出発。



[国道309号線は酷道なのか?]
国道309号線をひたすら走り、1時間半ぐらいで無事に駐車場へ到着できた。
実際に走行した感想は舗装面は問題ないけど道幅の狭い区間が長く続く印象だった。

山道なんで落石注意有りのクネクネ道になるのは当たり前ですが、舗装状態はいいので問題なく走行できる。
しかし道幅の狭い区間が長く続く厄介な国道で、運転中は対向車来るなー、対向車来ないでくれーと祈りながら運転した。
もちろん待機場所も所々あるけど、すれ違いが頻繁に発生すると大変だから夜中から早朝にかけて運転するのが望ましいかも。

[まとめ]
道幅は狭いが路面状態はいいので酷道ではないが、なるべく走行はしたくない(笑)



[コースタイム]
5:50 行者還トンネル西口駐車場
7:05 弁天の森
8:15-8:35 弥山小屋
9:00-9:15 八経ヶ岳
9:35-9:50 弥山小屋
10:50 弁天の森
11:40 行者還トンネル西口駐車場

歩行時間:5時間50分(休憩時間50分含む)





2640.jpg
2641.jpg
5:50 世界遺産の看板横にある弥山登山口からスタート。





2642.jpg
最初から急登が1時間程続いたのできつかった。
急登を登りきったところが、大峯奥駈道との合流地点となる奥駈道出合です。
大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)とは何か・・・wikipediaをどうぞ。





2643.jpg
弥山小屋にあった地図(クリックで拡大)の一部を貼っています。
赤い太線が大峯奥駈道となり、行者還トンネル西口から登ると奥駈道出合~弥山~八経ヶ岳の区間をピストンする事になる。





2644.jpg
7:05 弁天の森を通過。





2645.jpg
ようやく弥山が見てきたけど、まだまだ遠い。





2646.jpg
この階段も下りは楽だったけど、登りはきつかったな。





2647.jpg
8:15 駐車場から2時間半弱でやっと弥山小屋に到着。
さっそく弥山山頂へ行ってみる。
この看板横にある鳥居をくぐると山頂へ行けます。





2648.jpg
弥山山頂。
小屋から5分ぐらいかな。すぐそこでした。





2649.jpg
弥山山頂から臨む八経ヶ岳。
小屋で少し休憩してから八経ヶ岳を目指す。
弥山から一度ガバーッと下り、登り返さないといけないところが辛い。





2650.jpg
9:00 近畿最高峰の八経ヶ岳山頂に到着。





2651.jpg
2652.jpg
5月2日は文句なしのピーカン晴れで展望が素晴らしかった。
周りの山々の名前はわからなかったけど、奈良のお山は奥深くて360度山脈が続いてました。





2653.jpg
どうやら正面奥の山が、これから目指す大台ヶ原山らしい。
間違っていたらスルーして下さい( ´,_ゝ`)





2654.jpg
山頂からは弥山小屋と弥山山頂も見えました。
写真撮影を終えたら、再び弥山小屋へ戻ります。





2655.jpg
小屋に戻り、15分休憩した後はひたすら下山開始。





2656.jpg
11:40 駐車場に帰還。
写真撮影している真後ろに登山口(本記事の写真2枚目)がありまして、左が国道309号線から来た道なんですけど、橋の手前にも駐車スペースがあったんですね。





2657.jpg
そして右には事務所(駐車場代1000円)とトイレ(水洗)がある駐車場がある。
2箇所あるので、それなりの台数が駐車できそうですね。
でも土日は早め早めの到着が確実かと。





下山後はすぐに車に乗り込み出発。
目の前にある行者環トンネルを通過して40km先の大台ヶ原山へ向かう。
⑥へ続く
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する