動画初心者がモザイク編集してYouTubeへアップロードした道のり。

先日、スカイダイビングの動画を編集してYouTubeに初アップロードしました。
その時の記事はこちら


動画に関して超初心者な私が編集やアップロードをした道のりをメモ書きしておきます。



■無料編集ソフト「AviUtl」の準備
なぜこれにしたかというと無料だけど有能とネットに書いてあったので。
準備と操作が初心者には難しいと書かれていますが、動画①を参考にすれば本体やプラグインの準備は簡単です。
動画の説明にもありますが、MP4ファイルが編集できるようにMP4のプラグインもダウンロードしました。
参考にした動画①





■AviUtlで余分な部分をカットしモザイク処理をする
一部分を削除するやり方は上記の動画①を見ればわかります。
動きがある対象物にモザイクをいれるやり方は下記2つのブログを参考にしました。
操作してる内になんとなくわかってくるけど、かなりの苦行となりますので地道に頑張るしかないです。
参考にしたブログ①
参考にしたブログ②補足記事





■編集した動画をMP4ファイル形式で出力する
AviUtlはAVIファイル形式でしか出力されません、けどAVIはサイズが大きくなり良い事がないそうです。
そしてYouTubeにアップする時はMP4ファイルを推奨しております。
なのでMP4で出力できるように、x264guiExというプラグインをインストールする必要があるので下記リンクを参考にしました。
参考にした動画②
参考にしたブログ③
参考にしたブログ④


ここで問題なくインストールできればよかったのですが、小さな問題が発生しました。
ブログ④を参照しながら手順を進め途中までは順調でしたが、下図の画面で上の赤枠2箇所が空欄になってました。
ここが空欄だとインストールが失敗しているから再インストールするとブログ④では書かれていますが、とりあえず青枠のパスを指定するボタンをそれぞれ押してみた。
※画像はクリックで拡大します。
2531.jpg





[x264.exeの指定]画面
2532.jpg
青枠のボタンを押すと1つだけ.exeファイルが表示されています。
「exe_files」フォルダの中は他にも.exeファイルがありますが、選択できるのは「x264_2762_x64.exe」ファイルのみなので選択して「開く」を押す。
※「あ」フォルダ内にAviUtl本体を展開してます。





[qaac.exe の指定]画面
2533.jpg
同様にボタンを押すと、同名ファイルのみ表示されるので選択して「開く」を押す。





2544_1.jpg
そうすると空欄だった2箇所にパスが入力されるのでOKを押し、後はブログ④の通りに操作を行ったらMP4ファイルが出力されました。

上記の方法が正しいかはわかりませんが、MP4ファイルは問題なく出力され、YouTubeにもアップできました。
インストールしたけどパス欄が空白だった場合、再インストールや手動インストールをする前に手動でパス設定してみるのもいいかもしれませんよ。





■出力したMP4ファイルをYouTubeにアップロードする
・Google アカウントが無い方は作成する。
・「YouTube アップロード」など適当な言葉でググって、その通り操作する。
参考にした動画③





以上、何も知らない初心者が動画編集し、YouTubeへアップロードしたまでのメモ書きでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する