スカイダイビングした動画を編集して初めてYouTubeにアップしてみた。

人生初のスカイダイビング動画をYouTubeに初アップロードしてみた!



記念すべき初アップロードした動画だけど、45秒と短くなっちゃいました。

だってモザイク処理がめんどくせーんだもん( ´,_ゝ`)





話は遡り、2014年5月に人生初のスカイダイビングをしました。
その時の記事はこちら。


インストラクターの腕にカメラをつけて撮影した動画をブログにアップしたいなーという想いはあったのですが、編集が大変そうだからと後回しにしていたら、いつの間にか2年9ヶ月の月日が経っておりました(爆


これではいかんと思い、何もわからない素人ですが色々調べ、完成度は低いですがなんとか完成しました。
編集を説明した動画やブログがネットに溢れているので感謝です。
私も動画をアップするまでの過程を後日ブログに書こうかなと思います、人様のブログや動画に対して勝手にリンクを貼りまくる記事になりそうですが。追記:ブログ書きました、記事はこちら



最初はヘリから飛び立つ場面から始まり
落下中の50秒はもちろんノーカットにして
パラシュートがバーンと広がる様子も入れて
空中遊泳から着地までの流れをアップしようと意気込んでおりましたが
冒頭にも書いた通り、モザイク編集で心折れ・・・
ヘリから着地まで約5分あった動画が45秒となりましたよ。
前半の20秒が落下中の場面、後半の25秒がパラシュートを開いた後の場面です。





動画が短くなった言い訳をまとめると

■モザイクを5分間入れるなんて無理、5秒でも苦行に感じた。
最初に少しやってみて・・・あ 5分は長過ぎて無理だなとすぐに悟った。
楽するために、あの場面、この場面と積極的にカットしまくりました。



■2人分のモザイク処理が大変だった。
インストラクターの顔出し許可を事前に聞いておかなかったので2人分処理をしましたが、これが手間や確認時間が増え大変だったので積極的にカットしまくりました。



■編集ソフトをうまく使いこなせなかった
今回は無料ソフトのAviUtlで編集しましたが、動きが激しい場面でモザイクをかけるのが難しかったので、なるべく動きが少ない場面だけにするためカットしまくりました。
初めての動画編集はモザイク処理の上からモザイク処理を被せるなど一部グダグタな場面もありますが、そこはスルーして下さい。





■短い動画になりましたが
スカイダイビングの爽快感と手カメラの撮影風景が少しでも伝わればと思います。
一生に一度のつもりでやる人は、写真撮影や動画のオプションは絶対つけて方がいいでしょう。
後はなるべく快晴の日を狙ってダイブする事をお薦めします。



動画を編集してたらまたタイブしたくなってきたな、けど料金が(´・_・`)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する