死体を買う男/歌野晶午

2519.jpg
2518.jpg

タイトルに惹かれて購入してみた、面白かったです。
本作は作中作の物語とその作品を巡る現在の話を交互に描いている構成になっています。

作中作の「白骨記」は双子ネタでありがちな話だったけど二転三転して騙されたし、現在の話も結末に驚きが用意されていてよかった。
作中作と現在の繋ぎ方がいいですね。


マイナス点は「白骨記」の時代が古いというか、昔風な文体になっており、読んでて疲れた。
内容が江戸川乱歩作品のようになってるらしいので乱歩ファンはより楽しめそう。
私は乱歩作品を知らないので、そこの部分は共感できず残念でした。
ただ知らなくても充分楽しめます。



読了後もタイトルである「死体を買う男」の意味がさっぱりわかりませんでした。
なので他の方の記事を読み、アナグラムで並び替えると別のタイトルになる説は、おぉーなるほどなーと感心しました。
発見した人はすごいですね、合ってるかどうかは知りませんけど。
タイトルの真の意味は著者のみぞ知るって感じでしょうか。

他の作品も読んでみたい。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する