ホテルローヤル/桜木紫乃

2514.jpg
2515.jpg
普段は読みそうにないジャンルですけど、直木賞受賞作という事で読んでみた。

ラブホテルを舞台にした7つの短編集になっており、全編を通して哀しい話が続きますので、どんよりした気持ちになる。
つまらなくはないけど、人生の苦しい部分が描かれていて難しい作品でした。

内容は暗いですが構成はすごく楽しめる。
7つの短編はリンクしており、ホテルローヤルの廃業から事業立ち上げと現在から過去へ遡る構成がいい。
心中事件の当人達をホテルローヤルが絡んでこないエピソードで登場させるところは巧いな~と思った。

あと比喩表現が独特でいいですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する