夢をかなえるゾウ/水野敬也

2509.jpg2510.jpg


昔、話題になった「夢をかなえるゾウ」が文庫化されていたので購入してみた。
発行日が2007年8月29日なのでもう9年前になるんですね、しかも300万部も売れたんですかー。
内容よりも著者がいくら儲かったのか・・・そちらの方が気になります。


本書は1つのエピソードが短いのでテンポよくサクサク読めるし、関西弁を話すガネーシャと「僕」がコントのようなやりとりをしながら話が進むので子供でも読みやすいと思う。
ただ私は関西弁や笑いを狙った会話のやりとりは、少し鬱陶しく感じたので標準語の方がよかったです。


成功するヒントがガネーシャの課題として書かれていますが、私のように自己中だと成功しないらしい(爆
もっと他人に感謝できるようになりたいけど難しい課題です。
全部ではありませんが、課題はwikipediaにも載ってました。

「応募する」や「無理矢理環境を変える」などが大事なのはわかっています、『考えるより行動』が大事なのもわかっています、けど実行に移すだけの行動力がないんですよね。


他の本でも目にする事が書かれているけど、読むと前向きになれる人もいると思うので1回読んでみても損はないかと思います。


別れのシーンはウルッときちゃいました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する