苗場山(祓川コース)を登ったら山頂で驚いた。

2016年10月15日に苗場山の祓川コースを登ってきました。
※クリックで拡大します。
2432.jpg
[祓川コースタイム]
06:10 第2リフト町営駐車場
06:30 和田小屋
07:50-08:00 中ノ芝
08:30 神楽ヶ峰(八合目)
09:30-10:30 山頂
11:25 神楽ヶ峰(八合目)
11:50-12:00 中ノ芝
13:15 和田小屋
13:30 第2リフト町営駐車場

歩行時間:7時間20分(休憩1時間20分含む)



こちらのサイトに載っているマップコードを入力して金曜夜に出発。
駐車場へは標識もあるので迷わずに到着できますが、道幅が狭い箇所が多いのでタイミングが悪いとバックする事になります。
土曜の14時頃はトラックも走っており、上りの乗用車とすれ違いができずに立往生している場面がありました。
時間帯によっては上り下りの車が行き交うので、なかなか厄介な道路だと思う。
あとラスト数百メートルは舗装道路が凸凹の悪路になっておりました。



2433.jpg
第2リフト町営駐車場で車中泊しましたが、すげー寒くて目が覚めた(笑)
寒くて寝袋でヌクヌクしてたら出発が遅れてしまった。
朝6時ぐらいには↑のような満車状態でしたので、駐車したい方はお早めに。





2434.jpg
車道以外にトイレの脇にも登山口があり、こちらからでも登れます。
ただすぐに車道と合流するので、どちらからスタートするかは好みの問題ですかね。
私は多くの人が車道から行くので、それについていきました。





2435.jpg
車道を歩くこと20分、和田小屋に到着。
登山口は和田小屋の手前にあるので、気付かない人はいないはず。



登り始めの登山道は石にぬかるんだ泥が付着しており、ツルツル滑る石だらけでした。
登山口の近くは日が当たらないせいか、ジメジメぬかるんだ泥道が多かったです。
標高が上がるにつれて、土が乾いた登山道となり歩きやすかった。





2436.jpg
7:50 中ノ芝で少し休憩。
いい天気だったので山頂の風景が楽しみでした。





2437.jpg
08:30 神楽ヶ峰(八合目)に到着。
ここから少し先へ進むと・・・





2438.jpg
ようやく苗場山が姿を現しますが、山頂までまだまだ遠い。





2439.jpg
08:45 雷清水に到着。
順番待ちになる人気スポットらしいけど、タイミングよく誰もいなかったので飲んでみた。
うん、お水でした。
因みに復路では水汲み待ちの列ができておりました。





2440.jpg
写真を撮りながらあの道を登るのかーと憂鬱になりながら先へ進む。





2441.jpg
神楽ヶ峰からコツコツ下り、鞍部からコツコツ登り返します。
ここから山頂までの道はすごく狭くなるので、下山時は待ち時間が発生しました。
時間が遅くなるほど大渋滞すると思うので、早めの時間に登った方がよいかと。





2442.jpg
(゚д゚)!!!
急登を登り切ると、いきなり↑の風景が視界に広がるので驚きました!
あまりの広さにすっげーと思った。
まずは標柱へ、標識に従い木道を歩く。





2443.jpg
展望はないですが立派な標柱ですな。
誰もいなくて順番待ちする事なく撮影できてよかった。





2444.jpg
張り紙に書いてあったけど、10/15は予約で満室だったらしい。
15日に泊まった方は、ピーカン晴れの山頂を思う存分散策できたと思うので羨ましい。
トイレに行きたかったけど、登山靴を脱ぐのが面倒だったので下山まで我慢を貫きました。





2448.jpg
スライムにみたいなケルンがある。





2445.jpg
2446.jpg
2447.jpg
2449.jpg
2451.jpg
2452.jpg
2453.jpg
2454.jpg
2455.jpg
2456.jpg
生で見るまでは、たいした事ないでしょーと舐めておりましたが、申し訳ございません。
広大な山頂に驚き、標高2000mとは思えない風景が広がっておりました。
登り切るまでは一切見る事ができない分、いきなり視界に飛び込んでくる湿原はインパクト大ですよ。
金曜帰宅後の運転は眠く辛かったけど、予報通りの天気になったので運転を頑張った甲斐がありました。
また来たい山頂です。





2457.jpg
山頂で1時間マッタリした後は下山開始。来た道を戻るのだ。
神楽ヶ峰への下りも登りもしんどかった。





2458.jpg
滑りやすい岩を慎重に下って、車道まで戻ってきた。
わかりにくいかもしれませんが、車道沿いにある車は全部路駐車です(爆





2459.jpg
13:30 第2リフト町営駐車場に戻ってきた。
駐車場から少し下った道も路駐で埋まっており、すれ違いができない道幅になっていた。
山の人気に対して駐車場の広さが足りてない感じですかね。
実際登ってみると多くの人が訪れる人気もわかります。
確実に駐車したいなら、夜明けまでに来た方がよいかと。



[まとめ]
未踏の方は快晴&無風の予報を狙って一度は登ってみるべし。





2461.jpg
帰りの関越道赤城高原SAにて、前から気になっていた塩トマトゼリーを購入。
3個入りで800円ぐらいしたので結構高いです。
あっさりトマト味でうまい、塩をかければ甘味が増してより美味しかった、びっくりはしなかったけど。
また食べたい、ネットだと200円で買えるのか。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する