巻機山の井戸尾根コースを登ってきた。

10月2日に巻機山(まきはたやま)に登ってきました。
桜坂駐車場までは関越自動車道「塩沢石打IC」から約30分なので近くて助かりますが、道中にコンビニはなかったような。
行動食や飲み物はICを降りる前に買った方がよいかと。


※クリックで拡大します
2412.jpg
[井戸尾根コース]
6:20 登山口
9:05 ニセ巻機山
9:15 避難小屋
9:30 山頂の標柱
9:45 巻機山最高地点
10:00 山頂の標柱
13:00 登山口

歩行時間:6時間40分(休憩時間約30分含む)





2413.jpg
こちらのサイトに載っているマップコードをカーナビに入力して出発。
国道291号線にある↑の看板が目印です。
所々に分岐があったけど、上を目指して登れば駐車場へ着きますよ。
道は舗装されてますが細い箇所が多いので、かち合うタイミングが悪いとすれ違いは難しそう。





2414.jpg
↑はトイレ(白い建物)のある駐車場から撮った写真。
矢印の方向に直進すれば登山口から1番近い駐車場へ到着します。
登山口はこっちの駐車場から歩いても充分近い(かかっても5分)のでどちらに駐車しても歩く距離に大差はないです。
車中泊するならトイレがあるこちらに駐車した方が便利だと思う。





2416.jpg
6:20 一般的な井戸尾根コースから登山開始
当初は5時半にスタート予定でしたが、5時半ぐらいまで雨が降ってました。
いつも参考にしている「てんきとくらす」の晴れ予報が外れ、今日は雨かーとへこみました。
もう一度予報を見たかったけど圏外で確認できなかった。ソフトバンクは山に弱い。。。

車内で暫く様子を見てたら、雨が止んだので晴れを信じて登り始めました~

がしかし、途中からまたパラパラと雨が降ってきました。
登ってる最中は心の中でぼやきながら迷っておりました。

雨降ってるから撤退しようかな。
でも予報は晴れだったから晴れるかもしれない、どうしようかな。
でもガスガスで展望は期待できないからやっぱ帰ろうかな。
でも引き返すのはもったいないな。
でも雨が本降りになったら最悪だな、やっぱ下山しようかな。
でも結構登ってきたし、ホントどうしようかな、迷うな~





2417.jpg
と、グタグタ考えてる内にゴール直前のニセピークに到着しました\(^o^)/





2418.jpg
本物ピークを目指して先へ進みます。
快晴だったら気持ちよい草原歩きができたのに残念です。





2419.jpg
9:30 山頂の標柱に到着しますが、ここはピークではないらしい。
最高地点を目指し牛ヶ岳方面へ。





2420.jpg
池塘も青空に映える山々とセットで見たかったな。





2421.jpg
標柱から歩くこと15分、9時45分に最高地点のケルンに到着です。
同じタイミングで登ってきたベテランハイカーの話によると、このケルン内側(ロープの奥)に本当のピークがあるんだって。
でも登山者がピークを踏むと奥に見える植生が荒れるので、少し下った場所に山頂の標柱を立てたそうです。
違う場所に立てたのはそんな理由があったんですね。納得しました。





2429.jpg
ケルンの先は牛ヶ岳へ続く木道。
晴れた日にここの稜線歩きを体感したかった。
今回はこんな天気なので引き返して下山開始。





2422.jpg
10:00 標柱まで戻ってきました。





2423.jpg
避難小屋は混んでいたので少し先でちょっと休憩。





2424.jpg
(゚д゚)!!!

下山途中に晴れてきました(爆
登山あるあるですね。
山頂はガスで下山中に晴れるのは7月に登った会津駒ケ岳と同じパターンです。





2425.jpg
2426.jpg
2427.jpg
「てんきとくらす」の予報通りとなりましたが、もう1時間早く晴れてくれればなーと今回は少し運が足りませんでした。
でもまぁー雨が止んで下山中に紅葉も楽しめたので良しとしましょう。





2428.jpg
13:00 桜坂駐車場に戻ってきました。
因みに早朝に降った雨のせいで粘土質の土がドロドロヌメヌメ状態となっていて、デンジャラスな下山道になってました。
登りの時から嫌な予感はしてましたが、案の定下山時に滑ってしまい服やザックが泥だらけに・・・
しかも坂ではなく、ほぼ平らな所で滑ったので余計腹が立ちましたよ( ^ω^ )


長めのコースなので、結構疲れた巻機山でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する