水晶岳と鷲羽岳に登ってきた3日目

2日目その2の続きです。

※クリックで拡大します。
2382.jpg
[3日目(9/2)のコースタイム]
5:30 双六小屋
6:30 弓折分岐
7:05-7:20 鏡平山荘
10:00-10:10 わさび平小屋
11:30 新穂高第3駐車場

歩行時間:6時間(休憩時間25分含む)





2383.jpg
下山前に暫く見納めとなる鷲羽岳を1枚。





2389.jpg
5:30 双六小屋を出発。朝食は食べずにお弁当を受け取って下山開始。





槍と穂高を撮影しようとしたけど逆光だった為、EOS kiss X7の「HDR逆光補正」で撮ってみた。
この機能は1回の撮影で明るさが異なる写真を3枚連続撮りして1枚に合成するらしい。
連続撮りなのでしっかり構えて撮影したけど・・・

2384.jpg
私の人生のようにブレブレな写真になってしまった(爆
手持ちだと厳しいのかな。
ブレブレですが3日目も晴天で槍と穂高がよく見えるという事は伝わったと思います。
同じペースで下山してた方が「下りるのがもったいないですね~」と仰ってましたがホントその通りですよ。





2385.jpg
6:30 弓折分岐に到着した時、ポーポッポー(適当)と鳴きながら突然現れましたよ!





2386.jpg
雷鳥と遭遇するのはお初だったので夢中で撮影しちゃいました。





2387.jpg
素早く動くのでなかなかうまく撮れません。
写ってるのは3羽だけど全部で4羽いました。





2388.jpg
雷鳥見れずに下山かなーと諦めていたので最後の最後に観る事ができてよかった。





2390.jpg
7:05 下って下って鏡平山荘に到着。
逆さ鏡平山荘の撮影に成功しました。
ここで双六小屋のお弁当を食べて暫し休憩。





2391.jpg
10:00 うんざりするほど下ってわさび平小屋にようやく到着。





2395.jpg
1つ200円とお高いですが体がリコピンを欲していたので迷わず購入。
余談ですが自宅でコロッケやメンチカツを食べる時はソースではなく、ケチャップをかけて食べるほどリコピン好きでございます。





2394.jpg
キンキンに冷えたリコピンうめえええ。
お塩をかけて食べると最高です。
疲れた体にリコピンが染み渡り、活力が復活してきます。





2392.jpg
笠ヶ岳にも登りたい。
笠新道を登る事はないと思いますが、どんなコースなのか興味があるので下山する時に使ってみようかな。
それにしても林道が長過ぎて萎えます。





2393.jpg
リコピンのおかげで11時30分に新穂高駐車場へ戻ってくる事ができましたー。
平日でもほぼ満車です。
そういえば双六小屋の夕食の際、他の登山客が満車でとめる事ができなかったと会話してました。
もちろん盗み聞きです。
最近は平日でも満車になる事が多いとか、さすがは北アルプスの無料駐車場ですね。





2396.jpg
下山後は新穂高センターの裏にある「中崎山荘 奥飛騨の湯(800円)」で3日間の汗を流しました。
私が入浴した時は空いてましたが、どんどん混んできたのですぐに退散いたしました。





反省

今回は鷲羽と水晶の登頂に絞った日程にしてよかったです。
最初は黒部五郎岳、笠ヶ岳、薬師岳、雲ノ平なども候補に入れて色々欲張ったコースを考えてましたが、私の体力と脚では多分無理でした。普段は日帰り登山が多く短時間しか歩いてないのに、いきなり3日間歩いたので足へのダメージがひどかったです。
常に足裏痛いし、両足の小指が紫色に変色しちゃいました(´・_・`)
完全にキャパオーバーの登山をしたので疲れましたよ。

テン泊に較べ荷物が軽い山小屋泊でも長時間の歩きに慣れておかないとダメですね。
変色した爪を見る度にまだまだ精進が足りないなと感じます。


久しぶりの北アは怪我も無く、天候に恵まれ大展望を満喫できた3日間でした。
人混みを避けて、また平日に登りたい。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する