水晶岳と鷲羽岳に登ってきた1日目

2016年8月31日~9月2日に北アルプス最奥にある水晶岳と鷲羽岳に登ってきました。
Uターンしてきた台風10号のせいで計画がボツになりそうだったけど、なんとか行く事ができました。

※クリックで拡大します。
2321_1.jpg
[1日目(8/31)のコースタイム]
5:30 新穂高センター
6:40-6:45 わさび平小屋
9:40-09:55 鏡平山荘
10:55 弓折分岐
12:00-12:30 双六小屋
15:00 三俣山荘に宿泊

歩行時間:9時間30分(休憩時間50分含む)





8月30日 こちらのサイトを参考にカーナビにマップコード「898 114 001」と入力し、16時に千葉を出発。
途中のSAでご飯食べて21時30分頃に新穂高第3駐車場(無料)へ到着~そして仮眠。。。
30日夜の駐車場は結構スカスカでした。


駐車場の場所はこちらのサイトやこっちのサイトに載ってます。
スノーシェッドに入ると左手に↓の看板が見えてくるので、目的地に近付いたら減速した方がいいですよ。
ストリートビューで確認するとよりわかりやすいかも。
2322.jpg





2323.jpg
5:30 新穂高センター(登山指導センター)に登山届けを提出して出発。
登山口までの道のりはこちらのサイトにも載ってます。
出発前は3日間歩く長い山行となるので不安と緊張が大きかった。





2324.jpg
林道をひたすら歩いて、6時40分にわさび平小屋へ到着。
いやー林道が長い長過ぎますよ、因みに帰りはもっと長く感じました(笑)





2325.jpg
9:40 鏡平山荘へ到着。
ここまではでかい石が安定した足場になっていてとても歩きやすい登山道でした。
稜線へ出るため更に登っていきます。





2326.jpg
10:55 弓折分岐まで来ました。
笠が岳にも登りたいのでいつかは左へ行きたいけど、今回は双六小屋方面へ。





2327.jpg
8月31日は台風一過のピーカン晴れとなり、眼下にある鏡平山荘の登りからずっと槍穂が見放題の素晴らしい1日でした。





2328.jpg
どうしても槍をたくさん撮ってしまうので、なかなか前へ進めません。





2329.jpg
写真を撮りながらチンタラ歩いていると双六小屋と鷲羽岳が見えてきましたー。
あれが生鷲羽岳っすかー。





2330.jpg
12時に双六小屋に到着。
1日で三俣山荘に到着しないと3日目の工程がきつくなり、帰りも遅くなるので初日の三俣山荘到着が第一関門でしたが、これなら16時までに到着できそうなので、とりあえず安心しました。





2331.jpg
駐車場から双六小屋までの道のりがとても疲れた。
でも初日はここがゴールではなく、まだ2時間以上歩かなければ三俣山荘へ着きません。
なのでC.C.Lemon(1日目)をグビグビ飲んで炭酸パワーを注入します。





2332.jpg
30分休憩して出発です。
計画では中道を行く予定でしたが、疲れて登る気力がなく巻道を選択。
双六小屋~三俣山荘への道のりは、スタミナ切れでヘロヘロになりながら歩きました。





2333.jpg
巻道は決して楽ではなくアップダウンがヤラシイ感じで続き、どんどん体力を奪っていきます。
帰りは中道を選択したのですが、こちらもきついコースでした。
つまり双六小屋~三俣蓮華岳への道のりはどこも大変で楽なコースはないって事ですね。





2334.jpg
天候に恵まれてずっと槍穂が顔を出していましたが、終盤は景色を楽しむ余裕がなくなり、三俣山荘はまだか~ゴールはまだか~とブツブツ言いながら歩いておりました。





2335.jpg
遂に鷲羽岳を正面から見える所まで来ました。
ここからだと鷲が羽ばたいてるように見えるのでカッコええ。
そして左端にあるピークが水晶岳ですね。黒岳って言われるだけあってクロイです。
両座を間近で見ると北アルプスの奥地まで来たんだな~と実感が湧いてきます。





2336.jpg
三俣山荘が間近に迫り嬉しかったけど、鷲羽岳の急登を見て明日は朝一でこれを登るんかいーと早くも心が萎えてました。





2337.jpg
15時に三俣山荘に到着。
ヘロヘロになり、すごくバテましたが無事到着できてホッとした。
けど2日目の工程がメインなので初日を終えてもまだ不安と緊張が続いてました。

山荘内では事前に読んだ「黒部の山賊」が置かれてましたよ。


親切な対応でお世話になった三俣山荘ですが、不便な思いをしたので不満を書いておきます。
・山荘の水源(湧水?)が渇水状態となっており、水が全く使えない状況でしたので、わざわざテント場の水場まで汲みに行きましたが、何気に距離があるので不便でした。

・理由は聞いてないけど、トイレ(大の方)が1つしか使えなかった。
いくつかあったけどほとんどが「使用中止」になっており、使用可能な3つの内1つが従業員専用、もう1つが女性専用だったので、男性も1つのトイレしか使えない状況で困りました。
男性の宿泊者が多いのに1つしか開放しないのは不便でしょう。しかも臭かったです。


ジュース売り切れ。乾燥室にタオル干しても翌日に全然乾いてない。寝る時寒い。
色々と不便な環境が整った山荘だったので、できればもう泊まりたくないです。


よかった点もありました。
平日だけあって空いており、隣のペースに誰もいなかったのでザックの荷物を広げながら、二畳分のスペースを広々と使えて快適でした。





2338.jpg
夕焼けの鷲羽岳

2日目その1へ続く。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する