登山より90kmの下道が辛かった会津駒ヶ岳

7月24日に東北デビューしてきました!
記念すべき最初のお山は会津駒ケ岳です。


※クリックで拡大します
2251.jpg

[コースタイム]
5:00 滝沢登山口
7:10-7:25 駒ノ小屋
7:40 会津駒ケ岳山頂
8:20 中門岳山頂
9:00-9:15 駒ノ小屋
11:00 滝沢登山口

歩行時間:6時間(休憩30分含む)



会津駒ヶ岳は檜枝岐村(ひのえまたむら)にあり、東北自動車道の西那須野塩原ICを降りてからがすごく遠いです。
千葉からは約270kmの道のりですが、その内の90kmは下道です(爆
夜中に90kmの下道を延々と運転するのはかなり疲れましたので、正直もう行きたくないです(笑)



[滝沢登山口の行き方]
私はマップコード「855 106 159」と入力し、登山口が近付いてきたら右手に注意して↓の看板を見つけましたが、↑の地図に書かれている登山口周辺の建物(例えば檜枝岐村役場)をカーナビに設定しても多分行けるはず。
檜枝岐村役場のちょい手前に↓の看板があるので探し易いと思います。夜は真っ暗ですけど。
2252.jpg
2253.jpg





2254.jpg
看板から坂道を上っていくと林道終点の駐車スペースに到着します。
土曜の19時15分に出発して24時頃到着しましたが、既に15台以上が停まっており駐車スペースは残り僅かで危なかったです。
足立の花火大会の影響で首都高の渋滞にはまり、5時間弱かかり疲れたけど高速から観る花火もとても綺麗でした。
朝を迎える頃には駐車スペースは埋まっていたので、どうしても駐車したい方は夜の内に来た方が確実ですよ。





2255.jpg
林道終点に設置されたゲートをすり抜け先へ進むと登山口が見えてきます。
5時に登山開始。





2256.jpg
歩き易い登山道を登っていくと、2時間程で駒ノ小屋が見えてきます。
曇りでイマイチな天気でした。





2257.jpg
駒ノ小屋の前でサンドイッチやチーカマを食べて暫し休憩。
正面に見えているのが会津駒ケ岳の山頂です。





2258.jpg
山頂へ向かう途中に分岐路があります。
もちろん山頂方面へ。





2259.jpg
7:40 会津駒ケ岳山頂に到着。
記念すべき東北デビューの山頂ですが、曇りで何も見えません。





2260.jpg
そのまま中門岳へ向かいます。
どんよりした天気だけど気持ちよい木道歩きが続く。





2261.jpg
振り返って会津駒ケ岳。





2262.jpg
標柱が立っている中門大池に到着。
中門岳山頂はもう少し先にあります。





2263.jpg
ここら辺が中門岳山頂です。
大池から山頂まではすぐなので、どうせなら山頂まで行った方がいいと思います。
山に池ができる池糖って不思議だなーと思いつつ来た道を戻る。





2264.jpg
標識は見事なまでにぶっ壊れておりますが、会津駒ケ岳山頂と側道の分岐です。
向かって右へ行くと先程の分岐路標識と合流します。





2265.jpg
駒ノ小屋まで戻り少し休憩。
下山を開始した頃に晴れてきましたー。
今回は登るのがちと早かったようです。
でもまぁー雨が降らなかっただけで良しとしましょう。

11時に無事下山。



帰りの運転は登山を終えた開放感と充実感で心に余裕があり、景色も楽しめるので全然苦ではなかったけど、行きの道のりを考えると億劫で再訪しづらい場所です。

アクセス悪過ぎなのに大勢の登山者がいたので人気がある山なんですね。
山の印象より、なげー下道の印象が強く残った会津駒ケ岳でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する