登山での金曜車中泊と土曜車中泊のメリットデメリットを考えてみた。

過去記事で車中泊のメリットデメリットを考えてみましたが、今回は曜日別で考えてみました。

6月11日(土)に那須岳へ登りましたが、金曜に車中泊したのは今回が初体験でした。
帰宅後、すぐに出発して3~4時間運転するのが、どうしても億劫だったので金曜出発を今まで避けていましたが、やってみないと辛さや良さがわからないので、3時間程で行ける那須岳で実験してきました。



金曜車中泊で土曜日帰宅

[メリット]
■翌日が日曜日⇒これが最大のメリットですね。登山中も帰りの運転中も明日休みなんだ~と思うとすごく気が楽でした。
■金曜夜の首都高は空いている?⇒たまたまかもしれませんが、土曜夜と比べると交通量が少なく感じた。
■帰りの高速道路上りが日曜より空いている。
■平日で疲れている為、現地到着後はすぐ眠れる。


[デメリット]  
■帰宅→ご飯と風呂→出発と慌しく準備をしないといけない。
■4時間以上かかる距離だと睡眠時間が削られる⇒出発は早くても20時頃になるので、遠いとその分寝るのが遅くなる。
■帰宅が遅くなると、出発する元気がなくなる。
■帰宅してすぐの出発だから車の運転が疲れる。





土曜車中泊で日曜日帰宅

[メリット]
■昼まで寝れて疲れがとれる。
■準備がゆっくりできる。
■夕方出発すれば、多少遠い山域でも行けるかな。


[デメリット]
■お昼寝をしてしまうと、夜になかなか眠れない。
■下山後の翌日が仕事だと心が萎える。
■日曜の高速上りは混んでいる場合が多く、渋滞にはまる可能性大。





金曜車中泊の感想

3時間程度であれば、車の運転は特に問題はなさそう。
金曜夜の運転に大切なのは、木曜日の睡眠を充分にとる事ですかね。
選択肢が土日の2日間になれば天気がいい方を選べるので、今後は距離や帰宅時間や体調と相談しながら、金曜車中泊をしていきたい。
登った翌日が日曜だと色々と楽ですわ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する