山梨県身延山久遠寺のしだれ桜

3月30日に山梨県身延山久遠寺のしだれ桜を観てきました。
久遠寺は日蓮宗の総本山だけあって、でっかくてゴージャス感溢れる立派な建物でしたよ。

そして先日購入したEOS Kissのデビュー戦となります。





これ1番大事

9時までに総門を通過せよ。

桜の期間は交通規制になり、車の進入ができません。
しかし規制開始の9時前なら総門を通過でき、せいしん駐車場まで行く事ができます。
※地図がある久遠寺HPはこちら。
2061.jpg
散策したコースはこんな感じ。
[せいしん駐車場→ロープウェイで身延山山頂→久遠寺境内→菩提梯(下り)→西谷参道を歩いて駐車場に戻る]





2078.jpg
↑せいしん駐車場の写真ですが、ここに駐車できるとかなり便利です。
ロープウェイ乗り場は目の前だし、大型バスの後ろにある斜行エレベータを使えば久遠寺の本堂まで楽して行けるし、シャトルバスの利用だと待ち時間や歩く距離が増えて色々と不便です。

当初はシャトルバスを利用するつもりでしたが、8時に文化会館に到着したので、係りの人に聞いたら9時までなら通行可能という事で上まで行く事ができました。
5時に出発してよかった、早起きは三文の徳ってホントだな。
交通規制の情報はこちら。





まずはロープウェイで山頂へ

2080.jpg
山梨百名山の一座を文明の利器でゲット。富士山もうっすら見えた。





2090.jpg
2081.jpg
上の写真が思親閣仁王門だそうです。





2082.jpg
大仏さんもいます。





2083.jpg
展望台からは南アルプスを一望できる。



先に山頂へ行って思った事は、桜撮影を重視したいならロープウェイでの山頂観光は捨てた方がいいかな。

今回は8時40分の始発で山頂へ行き、1時間弱滞在してから桜がある境内へ移動しましたが、9時を過ぎるとシャトルバスの運行が始まり、時間と共に人が増え撮影するのに大変でした。



ロープウェイに乗ると↓のような風景も見れて綺麗なんですが、乗らずに人が少ない内にたくさん撮影するべきだったなーと思いました。
2079.jpg





山頂から久遠寺境内へ移動

2062.jpg
2063.jpg
上が本堂、下が祖師堂、金かかってますな~。





2064.jpg
2065.jpg
2066.jpg
2067.jpg
設定を色々いじって撮るのが一眼レフの醍醐味だと思いますが、オートモードで撮りました。





2068.jpg
2069.jpg
レンズキットでも、そこそこの接写はできるんですね。





2070.jpg
2071.jpg
平日の午前中だったので最初は空いてましたが、ツアーのバスやシャトルバスが続々と到着して混んできました。
今週末はすごい人混みになると思うので、行かれる方は撮影のポジション取り頑張って!





2072.jpg
2073.jpg
2074.jpg
2075.jpg
樹齢400年のしだれ桜





2076.jpg
ほぼ満開で天気よし、風無し、混んでましたが激混み無しで、最高のお花見となりました。
NHK甲府の撮影隊も来てましたよ。





菩提梯は下りでも大変だった。

2084.jpg
2085.jpg
山門と本堂を結ぶながーい階段を降りてみましたが、段差があってとてもきつく、翌日は筋肉痛になりました。
登ってる方の表情を見てると本当にきつそうだったけど、いつか登ってみたい。





立派な山門

2086.jpg
写真がいい感じに傾いてますね。
この山門を抜けると上記のながーい階段があります。
ここでは200円の乗り合いタクシーがあるので、利用すると本堂近くまで運んでくれるみたい。





西谷参道の桜はイマイチ

私はタクシーには乗らずに、西谷参道を歩き駐車場まで戻りましたが、これが急坂を歩くので結構疲れる。
ここの通りは↓の写真のように桜はありますが、イマイチぱっとしないのでタクシーに乗った方がいいかも。
2087.jpg





ゆば定食とソフトクリーム

2088.jpg
帰りは仲町町営駐車場が無料(平日だったから?)だったので一旦車をとめ、近くのお店でお昼を食べる事に。
ゆば定食1350円。まぁー味は普通で少し高いかな。





2089.jpg
道の駅とよとみ」で1番人気(店員さんが言ってました)のシルクソフトクリーム330円
白く輝き濃厚で、口の中ではなめらかなに溶けて美味でした。
みそソフトも食べたかったな。





久遠寺のお花見を満喫したいなら

早朝に到着してせいしん駐車場にとめる、これに尽きます。
駐車料金もそんなに高くないし、帰る時も絶対楽です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する