読者が犯人になる小説『最後のトリック』を読んでみたら、本当に犯人にさせられた。

2030.jpg
2031.jpg


本書を読了すると読者(あなた)が犯人になってしまう作品です。


私も一応犯人になりましたが・・・


こんな作品認めん(爆


確かに意外な方法(トリックといえるのかは微妙)だったので面白かったですよ、ただあの方法を有りにするのは、ちと強引かなーと思った。
あのような方法でしか読者を犯人にできないのであれば、やはり万人が納得するトリックは存在しないという事を逆に認めちゃってる気がします。

しかもメインのトリックよりも姉妹のトリックの方が面白かったな。


他に気になった点は説明文がぎっしり書かれていて、字数が多く読みづらかったので、もう少しカットして欲しかった。


覚書や保険の話、また実験の話も無駄のように思えて無駄ではなかったですね。
途中までだるかったですが、話の持っていき方は面白かったですよ。

小説全般に言えますが、無駄だと思える点が結末に向かって繋がっていくところは読んでて楽しい。



犯人になりたい方は、ぜひハードルを下げて読んでみて下さい。
良くも悪くも読者の印象に残る作品です。

最後のトリック (河出文庫)
深水 黎一郎
河出書房新社
売り上げランキング: 184,873
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する