愛用していたブックカバーが本と共に消えた。

ブックカバーと本がいきなりバックから消えたんですよ。

銀座線で立ったまま本を読んでいた。

頭がボーとしてきたから、本を手に持ったままボケーとしていた。

降りる手前でバックにしまう(ファスナーがついてないサイドポケットに)

乗り換えてから、また読もうとバックを見たら消えてた。

バックの中を必死に探したけどやっぱなかった(゚д゚)


普段、物を失くさないタイプなので電車の中でオロオロ動揺しちゃいました。

電車内で手に持ってる時にスルッと落ちたか、歩いて最中にバックから落ちたか。
前後の記憶が無いのでどこで紛失したか全然わかりません。


鍵や財布じゃなくて本当によかったと思う。
頭がボーッとしてる時は注意しなくては。


ブックカバーと一緒に読みかけの「万能鑑定士Qの事件簿 II 」も紛失しちゃいました。
なのでもう一度買い直して読了してます(爆


一応、飯田橋駅の忘れ物センターに電話したけど見つからず・・・



って事で新しいブックカバーを購入しようと思い色々見たけど、高価な物やおもろいデザインがたくさんあって迷いますわ。

最初は変わったデザインを狙っていましたが、長く使う物なので美月幸房にした。

栞がついていて、高くもなく、シンプルなデザインで手触りもいいです。

今度は失くさないようにしよ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する