万能鑑定士Qの事件簿 I/松岡圭祐

松岡圭祐作品は過去に「マジシャン」や「千里眼シリーズ」の1作(どれか忘れた)を読んで面白かった記憶がある。
映画化もされいるし、以前から気になっていたので買ってみた。
1777.jpg



ストーリーはこんな感じ。
1779.jpg



綺麗な女性が膨大な知識量で事件を解決していくので「ビブリア古書堂の事件手帖」と似てるなと思ったら、本書の方が早く出版されているんですね。



主人公の生い立ちが書かれている中盤は、少しだるかったですが後半から面白くなってくる。
雑学を永遠と述べる箇所は読んでて楽しい、著者はよく調べたなーと感心してしまう。
読みやすいのでページがどんどん進んでいくのですが、一向に話が終わる気配がなく、少し嫌な予感がしてきて・・・










見事的中しました!
1778.jpg

1冊で完結しねーーーんかいいい(# ゚Д゚)

と心の中で叫びました。



お試しでⅠを買いましたが、完結まで読まないと気持ちが悪いのでⅡも買いにいかなくては。

ⅠとⅡがセットならどっかに書いておけよと言いたい、また買いにいくのがめんどくさいわ。

今は別の小説を読み始めたから読了後にⅡを読んでみよう。



追記:Ⅱも買いました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する