車中泊のメリットデメリットを考えてみた。

登山のため車中泊をするようになったが、メリットとデメリットを考えてみた。


[メリット]
■駐車場がとりやすい
■早朝から登れるため、登山道や山頂が空いている。
■早く登った分、早く帰れる。
■夏の時期は気温が上昇する前に登りの距離を稼げる。


[デメリット]
■前日の夜に出発しないといけない。
■車内の寝心地が悪く、ぐっすり眠れない。
■暗い峠道を走行するので危ない。
■外灯がない真っ暗な道が続くのでとにかく怖いの
 真っ暗な夜道に幽霊がでてきそうな雰囲気がある(爆
 白い服を着た女性がポツンと立っていたらどうしようとか、変な妄想しながら運転してます。



駐車場に辿り着くまでは怖いですが、それに見合ったメリットはあると思う。
また車中泊をする事で、山小屋に泊まらず日帰り可能な山が増えるかな。



甲武信ヶ岳に登った時の話ですが、早朝に登り始め12:45に駐車場に戻ってきました。
そしたら駐車場にいた老紳士にコースタイムを聞かれたので少し会話をしたのですが、今さっき到着したばかりで今日はここで車中泊をして明日の早朝5時から登るとの事でした。


私は
ええー明日の5時までまだ16時間もある。
いくらなんでも早く到着しすぎでしょー。

と心の中で突っ込みをいれておりました。



老紳士がその後、どのように時間を潰したかは謎でございます。
一旦、人里に降りたのかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する