セブンイレブンのとみ田の容器は食べやすい。

セブンイレブンで麺類をよく買う。
そして『とみ田』を見かけると高確率で買う。


1563.jpg
松戸のお店には2回訪問したけど、並ぶのが億劫なので行く気にならない。
なのでセブンのとみ田を食べながら、松戸の重い1杯を思い出しております。

スープは辛くて喉が渇きますが、まぁまぁうまいです。


味よりも容器が気になった。
食後に撮ったので空ですが、スープの容器(黒)と麺の容器が二段重ねの状態で売られていた。

1564.jpg
1565.jpg

それによってスープの容器がでかくなり、食べやすくなった。
容器が小さいと少量の麺しか投入できない欠点を解決している。

スープ容器は中に入れるという概念を覆した、逆転の発想にいたく感動した。
誰が発案したんだろう?
セブンイレブンの社長賞をあげてもいいと思う。

早々にこの容器がボツにならない事を願っております。

色々持ち上げましたが、セブンのまわし者ではありません。



開封時に麺が固まっている問題は、コンビニ冷やし麺類の永遠の課題であります。
麺好きな誰かに解決してほしい。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する