ジョースター・エジプト・ツアー御一行様の後を追いエジプトにいってきた⑧~地獄の門番ホルス神殿~

コムオンボ神殿の後はナイル川を北上し、エドフにあるホルス神殿にいってきた。


神殿までの馬車移動がツアーの中で1番楽しかった。
町並みを間近で見れるし、馬のスピード感でアトラクション的な面白さがあった。

観光客が馬車で通ると、地元の子供達が笑顔で手を振ってくる様子も印象的だった。
屈託のない笑顔の裏で『金よこせコノヤロー』と思ってなかったと信じたい。



カローラも元気に走っております。
1216.jpg
1217.jpg


この三輪車はよく見かけた。
1218.jpg
1219.jpg


エドフの町並み。
ポルナレフが床屋さんに襲われた町ですよ。
1220.jpg
1221.jpg



車道をガンガン走ります。
信号も譲り合いも一切無しで、みんな好きなように走っているので面白い。
守っているのは右側通行のルールだけ。
1222.jpg
1223.jpg


15分ぐらいで到着です。
ピンボケが数枚あったのでショックでした。
1224.jpg


↓のチケットで入場しまっす。
1243.jpg


ここも無駄にでけーーー(゚д゚)
1225.jpg
巨大な塔門は高さ36メートルあり、圧倒的なスケールだった。
個人的にはアブシンベル神殿よりこっちの方が、すっげ~と思った。
発見当時は塔門の上部まで砂に埋もれていたとか、完全に埋まる前に発見されてよかったわ。


ホルス神もでけー。
1226.jpg



巨大な壁ですわ。
1227.jpg
1228.jpg


塔門を通過すると中庭になり、2体のハヤブサが地獄の門番をやっていた。
1229.jpg


もうすぐアニメで登場するなーと思いながら記念撮影した。
1230_1.jpg
1546.jpg
1231.jpg



保存状態がよく、壁一面にびっしりとレリーフとヒエログリフが彫られていた。
一文字一文字が細かい、怠けて手を抜いた職人さんはいないみたいね。
1人でやると1日何文字彫れるんだろ。
1232.jpg


天井が黒いのはキリスト教徒が火を焚いて料理したからだって理由がおもろい。
1233.jpg


そんなキリスト教徒は神々の顔を削ったらしい。
1234.jpg


オシリス神の顔や
1235.jpg


ハトホル神の顔も破壊されていました。
1236.jpg



あまりの暑さにわずかな日陰に逃げる人々。
1237.jpg


馬車の待機所。すげー台数ですわ。
1238.jpg
1239.jpg



帰りの馬車も楽しい。
市場みたいのがやっていたので寄りたかった。
1240.jpg
1241.jpg
1242.jpg


馬車とホルス神殿の組み合わせは非常に楽しかったよ。


船に戻り5日目の観光は終了、船は更に北上しルクソールに向けて出発~。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する