新世界より(下)

最後までおもろかった。
上・中・下あってページ数多いけど、読みやすいからスイスイいけますよ。
解説に書いてある通り、(上)の228ページまでは我慢して読むべし。

新世界より(下) (講談社文庫)新世界より(下) (講談社文庫)
(2011/01/14)
貴志 祐介

商品詳細を見る


(下)のストーリーはこんな感じ。
1103.jpg



ネタばれがあるので、↓に書きます。















最初は瞬が悪鬼になって、早季や覚が倒すんだろ?と予想したけど全然違ってた(爆


夏祭りの途中までは
ハスミン→悪鬼
猟銃→呪力
生徒→市民
に置き換えてるだけで、展開が悪の教典と一緒やんと心配したけど杞憂に終わりました。


戦いでは『同種を殺す事はできない』という絶対的ルールをめぐる知略の攻防がおもしろい。


1番グッときたのは、終盤のガラスケースのシーンですかね。泣ける(T_T)
悪者をやっつけたバンザーイ で終らせず、ある真実で読者を驚かせ、切ない気持ちにさせる展開がえがったですわ。


読みやすかったけど、生物などの説明文は、めんどーだったのでほとんど読んでません( ´,_ゝ`)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する