イラッとしたときやさしい気持ちになれる本を読んだけどやさしい気持ちになる前に内容を忘れてしまった。

私はかなり根に持つタイプで、対象者にイラッとすれば、ネチネチ言い続けるのが好きである。

そんな、ねちっこい体質を知ってか知らでか、会社の人が↓の本を持っていた。

おぉー題名がドンピシャではないかと思い、お借りした。

イラッとしたときやさしい気持ちになれる本 (sasaeru文庫)イラッとしたときやさしい気持ちになれる本 (sasaeru文庫)
(2013/11/05)
中井 俊已

商品詳細を見る


感想は

まぁー本書に書いてある方法を試して性格が直るなら誰も苦労しないよな。

 
読みやすく、共感できる部分もあるけど、他の本でも読んだ事があるキーワードばかりだった。

プラス思考に変換しろとか
感謝しろとか
笑顔でいろとか

歪んだ人はこの手の本を読んでも、素直に受け入れないから意味がないかもしれない。
俺は小説読んでる方が楽しいかな。

しかし、批判ばかりではいけない。
本書には習慣や心構えを変える方法がいくつか紹介されていて、できそうなものを1つでいいから、やってみましょうと書いてあったので、やってみる事にした。

選んだのは『願い事を口にする』こと。
毎日続けるといい人生を送れるんだって( ^ω^ )

騙されたつもりでやってみますけど

まぁーそんなんでいい人生を送れるんだったら誰も苦労しないわな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する