鴨川ホルモー/万城目 学

すごく面白かった。
鴨川ホルモー (角川文庫)鴨川ホルモー (角川文庫)
(2009/02/25)
万城目 学

商品詳細を見る


ストーリーはこんな感じ。
1073_2.jpg



『鹿男あをによし』の時にかなりのユーモアセンスを感じたけど文章の言い回しというか、ストレートに言わず遠回しに表現するところがうける。
鼻フェチもナイス設定ですよ。

ストーリーもわかりやすいので、誰もが楽しめる作品だと思う。
最後の場面でアクロバティックな命令をする発想がいいですな。

映画も観てみたい、この内容だと映像でも楽しめそう。



万城目氏の3作品に順位をつけますと・・・
鴨川ホルモー>鹿男あをによしプリンセス・トヨトミ


プリンセス・トヨトミだけはイマイチだったな。
映画もイマイチだったけど、綾瀬氏の走って揺れてるシーンだけは感動した。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する