真夏の方程式/東野 圭吾

ガリレオシリーズは「容疑者Xの献身」に続いて2作目ですがあまり面白くなかった。
真夏の方程式 (文春文庫)真夏の方程式 (文春文庫)
(2013/05/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

「容疑者Xの献身」と比べると物足りかな。
真相にもトリックにも驚きがなかった。
湯川の推理より警察の捜査や聞き取りがメインで真相を小出しにしてページ数を増やしている感じ。


最後の湯川と少年との掛け合いはよかった。

映画もTV放送がまたあったら観てみよう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する