プリンセス・トヨトミ/万城目 学

鹿男あをによし」が面白かっただけに残念。

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
(2012/09/20)
万城目 学

商品詳細を見る


ストーリーはこんな感じ。
823.jpg



本作は「鹿男あをによし」と比べると、笑い所が少なかったかな。

豊臣家に興味があったり、大阪に馴染みがあればもっと楽しめたと思う。
大阪は行った事がないのでいってみたいし、大阪城も見てみたい。

物語が動くまでがちと長い、もう少しページ数を減らしてほしかった。
また核心部分がありえない話なので、好き嫌いが分かれそう。
私は少し冷めながら読んでました。


「さようなら、プリンセス------って」 の所はいい場面でした。


本作は
いつの時代も男性より女性の方が上手なんだよ。
と言いたかったのかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する