本所深川ふしぎ草紙/宮部みゆき

久々に宮部みゆき作品を読んだ、しかも時代小説は初めて。

過去に読了したのは多分6作品。
■模倣犯(長かったけどおもしろかった)
■魔術はささやく(読んだ記憶はあるが内容忘れた)
■レベル7(おもしろかった)
■龍は眠る(読んだ記憶はあるが内容忘れた)
■火車(おもしろかった)
■理由(直木賞受賞作だけどイマイチだった)





本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)
(1995/08/30)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



ストーリーはこんな感じ。
00788.jpg

7編からなる短編集で1話が短いので読みやすいです。
心温まる話だけではなく、心が醜い話もあってよかったのですが、私は現代小説の方がいいかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する