『あまちゃん』が終ってもうた。

脚本が宮藤官九郎氏で、しかもヒロインの能年玲奈氏が可愛かったので
期待はしてましたが、やっぱおもしろかった。毎日録画してみてた。


現在と過去をうまくリンクさせながらのストーリーや演出が
特によかったと思う。
初回と最終回のリンクもえがった、あれだけでなんかジーンときた。
台詞の1つ1つに笑いがあり、おもしろかった。


最終回よりも印象に残ったのが9/25放送分の薬師丸ひろ子の歌声。
超うまくてビビッってもうた(゚д゚)
朝ドラで感動してもうた(゚д゚)
再生して3回も聴いてもうた(゚д゚)(爆
紅白で歌ってほしい。
しかし美声すぎて、おいしい所を全部持っていったような気がw


全国のおじさん達は、能年玲奈氏と橋本愛氏の2ショットに
さぞかしメロメロになった事でしょう。
あの2ショットを見れなくなるのが1番悲しいですな


主演者やスタッフの方々、毎日楽しい15分をありがとでしたー。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する