ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~ /三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る



イラストに恋をした(爆
まずは栞子さんの巨乳と黒髪に萌え~。
すばらしいイラストだ。イラストの栞子さんに惹かれて
本を買った男性は私も含めたくさんいるだろう。


イラストを描いたのは、越島はぐ氏。
全然知らなかったけど覚えました。
勝手な予想だけど、この本がすごく売れたのは
物語のよさだけではなく、イラストのよさも
起因してるんじゃなかろうか。



人物のイラストがあると、物語の中に入っていきやすいですね。
なければ勝手に想像するけど、あれば読みやすくなる。
今回は中身とイラストのイメージがピッタリだったと思う。



んで、中身もよかったです。

謎解きの要素あり、恋愛の要素あり、巨乳の話ありで。
短編集で読みやすく、古書と物語をうまくリンクさせているのでおもしろかった。
続編も読んでみたい。


ドラマは剛力氏でしたね、全然合ってないような気がするけど、
再放送があったら見てみるかな。


公式サイトフィギュアも売ってて大人気ですね。
うん、ほしい
関連記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2014/07/02 (Wed) 22:54 | 藍色 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

藍色さん
こちらもトラックバックさせていただきました。
ブログを拝見しましたが、すごい読書量ですね。
これから読む本の参考にさせて頂きます。

2014/07/03 (Thu) 21:45 | つっけー #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...

2014/07/02 (Wed) 22:25 | 粋な提案