謎解きはディナーのあとで/東川 篤哉

謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る



本屋大賞やらドラマで話題になってましたね。
ドラマの方は1回も見てないけど。。。
8月には映画が公開されるとかで、人気があるのかな。


本作って短編集だったのね、読む時に初めて知った。
少し感想を。



本作は非常に読みやすいです。
字は大きいし、話は単純でわかりやすい
しかも短編集だから、1話ごとにサラッと読める。
私もすぐに読了しました。



トリックや謎解きよりも、麗子と影山または風祭警部との
コミカルなやりとりを楽しむ方がメインかな。
文章の表現はおもしろいですよ。
自然にニヤッと笑える箇所が多いので
ユーモアセンスがある人だなと思いました。




離れた場所で謎解きして、犯人が確定した瞬間に話が終りますので
コナンや金田一のように「犯人はお前だ!」 「フッ何を馬鹿な」
「トリックはこうだ!」 「しょ 証拠でもあるのか!」
「これが証拠だ!!」 (゚д゚;)・・・ガクッ_| ̄|○
そして動機を語り始める犯人\(^o^)/ といったような
お決まりのパターンがないのも特徴の1つですかね。


憎しみや恨みなどのドロドロした動機までを書かないから
軽い感じで読みやすい。




んでマイナスな所はですね。

麗子が影山に事件の詳細を話す⇒影山が暴言を吐く⇒謎解きして終わり

この流れがパターン化してるので、全6話読んでいると飽きてくる。
「2」と「3」も同じ流れなのかな。


本作は楽しんで読む事ができたので続きも読んでみよう。
ドラマの再放送があったら見てみるかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する