ジョジョ持論(1)【連載当初】

さて、ジャンプ作家の皆さんも色々なジョジョを描いてお祝いしております。

ちさーいちさーい頃の記憶を紐解いて、連載当初の持論を書こうかと。

最初はですねー 

このマンガつまんねー 

と思ってましたよ。

なんか絵は変だし、派手な戦闘シーンもないから、
退屈なマンガだな。早く終われよ~と思っていた少年少女は
多分たくさんいたはず! 少なくとも私は思っていたw

しかし!ある回から物語が動き出す!
ディオが石仮面をじいさんに被せた回です!
ここで一気に物語は日常から非日常へと加速していったような。

石仮面でじいさんは無敵な吸血鬼に!
私はこの辺りから、一気に物語に引き込まれましたよ。

もう毎週ジャンプを読むのが楽しみだった思い出が蘇る。

ディオが死にそうになった回こそ、長寿連載を決定づける
ターニングポイントになった一話だと勝手に認定しますよ!!

この展開が少しでも遅くなっていれば、読者に飽きられて早々に
連載終了してたかもしれないw


その後はこんな展開になって・・・
jojo01.jpg

奇妙な冒険の幕開けでしたねー。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する