地下鉄に乗って/浅田次郎

地下鉄に乗って (講談社文庫)地下鉄に乗って (講談社文庫)
(2012/09/28)
浅田次郎

商品詳細を見る




最近は父が昔読んでいた本も読んでいる。



物語は主人公がタイムスリップして、若い頃の父親と出逢う話だけど
ラストでのみち子の行動は予想外で多くの読者がビックリしたでしょう。
切ない結末で、なんかモヤモヤ感が残りました。
腑に落ちないなーと思う人もたくさんいたはず。
そこまでする必要があるのかなと思いました。



私も地下鉄に乗ってますが、急に風景が変わり
突然若い頃の父に出逢ったら、自分はどんな反応するのかなと
考えたりしながら、読んでました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する