つけ麺持論(1)【腹八分目になるような注文を】

注文に於いて以下2点のルールを決めております。

1)注文する時は具の全部乗せはやめるべし。

2)注文する時は食べたい気持ちを抑えて並盛りにするべし。



※クリックで拡大します
20090308220907.jpg
↑はとみ田の特製つけ麺です。
いわゆる全部乗せってやつですね。

有名店でお味は非常に美味しかったですが、苦い思い出があります。

写真を拡大するとわかりやすいですが、チャーシューが3枚も乗っていてこれが原因で途中から胸やけを起こし、吐きそうになりながら完食しました。


いきなりまとめると、腹八分目で終わる為に並盛りにしとけーって事ですよ。

最初の一口で、ウマ━━(゚∀゚)━━ と感じガツガツ食べても

途中で苦しくなり、無理して食べると

せっかくのウマ━━(゚∀゚)━━ なイメージが消し飛んでしまう。

苦しい思いをしながら食べるのは、つけ麺に対して申し訳ないです。

せっかくの実食タイムが苦行タイムにならないように、もう少し食べたいな・・・で終わるのが理想です。

まぁー全部当たり前の話でしたね。

今後も腹八分目になるような注文を心掛けようと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する