『ラプラスの魔女/東野圭吾』を読んだ感想

ブックオフでは500円越えの高値がついていたから、人気がある作品なのかもしれません。んー面白かったけど、まぁ普通だったかな。わかりやすく書いてあって読みやすいし、退屈する内容ではないので、そこそこあるページ数は苦にならない。序盤で散りばめられた謎が少しずつ繋がっていき、真相がわかっていく過程は好きだけど、不思議な力系の話はなんでもアリになってしまうので、終盤に向かうほど驚く楽しみがなくなっていく。そ...

続きを読む

『殺す/西澤 保彦』を読んだ感想

シンプルなタイトルに惹かれ購入。西澤保彦作品は、すごく面白かった『七回死んだ男』に続いて2作目。最初は変わり者の刑事が、凶悪事件を追う内容なのかなと思っていたら、全然違っててわろた。人がポンポン殺され死人を量産する内容なので、タイトルに嘘はありません(笑)2つの事件が並行して進んでいく展開で、メインとなる女子高生連続殺人事件は、二転三転して犯人も良かったけど、ちと動機に無理があるような、、、でもまぁそ...

続きを読む