平面いぬ。/乙一

乙一の『平面いぬ。』を読みました。四編からなる短編集でしたが、イマイチでした。過去に読んだ『The Book』と『夏と花火と私の死体』が面白かっただけに今回は少し残念。【石ノ目】最後は哀しいけど、よくありそうな話。【はじめ】具現化された少女の恋の話、最後はちょっと切ない。【BLUE】お人形さんは、涙を誘いやすい鉄板ネタですね。【平面いぬ。】刺青の犬よりも、家族が同時期に病に侵される展開が斬新でよかった。順位を...

続きを読む