東野圭吾の読了した作品を思い出してみた。

読んだ本や小説をそのまま忘れてしまうのはもったいないと思い、当ブログにメモ書きするようにしてますが、ブログを開設する前から小説はちょくちょく読んでました。最近、東野圭吾作品って今まで何冊読んでるかなと気になり、wikipediaを見て振り返る事に。その結果、19作品読んでました(多分)自身の読書歴をあまり把握してませんが、他の作家と比べると明らかに多いと思う。幅広く読むため、1人の作家に偏らないように購入してき...

続きを読む

改訂完全版 占星術殺人事件/島田 荘司

本格推理小説として本作の名をネットでよく見かけるし、ストーリーも猟奇的な感じがして濃厚な推理ものを期待できそうと思い買ってみた。期待通りの内容だけどボリュームあり過ぎ!全体を通して、ぎっしり詰まった長文がずっと続くのでとても疲れました。読んだ人全員、1番苦戦したのが最初の手記の部分ではないでしょうか。占星術の難しいうんちくが永遠と続くのでとにかく読みづらい。もっと読者がスッと入っていけるようなプロ...

続きを読む

「嫌われる勇気」を読んでみた。

すごく読まれている本なので気になっておりました。公式サイトもあり、舞台やドラマにもなるなんて売れてる本は違いますな。ドラマは1度(第4話)だけ見ましたが、なんで刑事ドラマにしたんだろ?って感じ。読み終えた後は、モヤモヤが晴れたり考え方が劇的に変わるほどの衝撃はなかったけど、そーゆー考え方もあるのかーと感じるところは数多くありました。印象に残った話を挙げてみると目的の為に原因をつくってしまっている『原因...

続きを読む