平面いぬ。/乙一

乙一の『平面いぬ。』を読みました。四編からなる短編集でしたが、イマイチでした。過去に読んだ『The Book』と『夏と花火と私の死体』が面白かっただけに今回は少し残念。【石ノ目】最後は哀しいけど、よくありそうな話。【はじめ】具現化された少女の恋の話、最後はちょっと切ない。【BLUE】お人形さんは、涙を誘いやすい鉄板ネタですね。【平面いぬ。】刺青の犬よりも、家族が同時期に病に侵される展開が斬新でよかった。順位を...

続きを読む

夏と花火と私の死体/乙一

乙一作品は『The Book』に続いて2作目。The Bookはジョジョの第四部が舞台なので、ジョジョファンなら読んで損なし。本作の感想はダークな内容で面白かった。最初に感じたのは「ダークな世界観」、「夏」、「兄妹の冒険」など共通してる部分もあったせいか、道尾秀介の『向日葵の咲かない夏』を思い出した。内容は全然違うけど、雰囲気もなんか似てるかな。ストーリーはあらすじのまんまです(爆ほぼ全容が書かれているあらすじは珍...

続きを読む

乙一のThe Bookを読みながら静かに暮したい。

切ない( ;∀;) ハナシダナージョジョファンならぜひ読むべし。 The Book jojo's bizarre adventure 4th another day (JUMP j BOOKS)(2011/12/19)乙一、荒木 飛呂彦 他商品詳細を見る乙一氏が書いたジョジョ第4部を舞台にしたノベライズ作品です。以前から読みたいと思っていたが、にわかファンなのですっかり忘れていた。アキバのブックオフに売られていたので、よーやく読めた。文章で4部の世界を楽しめて、内容も充実してる良作だっ...

続きを読む